VIPたちの饗宴を彩るお酒たち

宮中晩餐会や首脳外交の場で世界のVIPたちに振る舞われている最高級のお酒の数々を御紹介。 特別な日や大切な人への贈り物に。

【饗宴の儀】令和の即位の礼で供されたお酒

令和元年(2019年)10月22日、皇居・宮殿で、天皇陛下のご即位を国の内外に宣明する「即位礼正殿の儀」が行われました。
当日の夜からは「饗宴の儀」が催されました。時代情勢も踏まえ、平成のそれよりも規模や形式の面で簡素化されましたが、4日間・4回にわたり催されました。
第1回目となる「饗宴の儀」は外国の元首や祝賀使節などを招いて、着席形式で行われました。
料理は、平成のものを踏襲して、以下のようなメニューが振る舞われました。料理の提供は、グランドプリンスホテル高輪が担当したとのことです。

 

【前 菜】かすご鯛姿焼、海老鉄扇、鮑塩蒸、百合根、鴨錦焼、黄柚子釜、篠鮟肝、栗、胡瓜
【酢の物】魚介酢漬(スモークサーモン、帆立貝、鮃、公魚(わかさぎ))
【焼 物】牛肉アスパラガス巻、ブロッコリー、生椎茸、小玉葱、小トマト
【温 物】茶碗蒸(鱶鰭、舞茸、三つ葉
【揚 物】三色揚(蟹、鱚、若鶏) 紅葉麩、慈姑、銀杏、松葉そば
【加薬飯】鯛曽保呂、筍、椎茸、干瓢、錦糸玉子、紅生姜
【吸い物】伊勢海老葛打、松茸、つる菜
【果 物】メロン、苺、パパイヤ
【菓 子】和菓子2種

 

また、これらの料理とともに、以下のようなお酒が振る舞われました。
(お酒以外にも、ミネラルウォーター、日本茶、フレッシュオレンジジュースも提供されました)


【日本酒】惣花

純米吟醸酒の「惣花」は1899年、清酒として初めて宮内省(現宮内庁)の御用酒に指定されました。明治時代以降、多くの品評会などで賞を受けました。宮内庁が調達する4種類の日本酒の中で最も多く納められ、大正、昭和、平成の天皇即位式でも使われました。
江戸時代、宴席で参加者に等しく祝儀を配る習慣を「惣花」と呼んだとされ、銘柄名には、お祝い事にふさわしく、「すべての人に至福と愛を」との思いが込められているそうです。
上皇ご夫妻や、天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻のご結婚の際も結納品となり、祝宴などで各国の来賓に振る舞われた実績があります。
ぬるかんで飲むとまろやかなうま味が口中に広がり、香りは鼻を抜けます。宮中では料理も最上のものが用意されるため、味を邪魔せず、食も酒も進む味わいが重視されているそうです。
独自の酵母を使うため生産量は少なく、戦時中の物資統制などもあり、かつては「幻の酒」とも呼ばれたそうです。

惣花の商品一覧(楽天市場)

 

【白ワイン】コルトン・シャルルマーニュ2011

コルトン・シャルルマーニュ(Corton Charlemagne)は、フランス・ブルゴーニュ地方にあるグラン・クリュ(特級格付け畑)の名前であり、この畑から収穫されたブドウから作られたワインを指します。宮中晩さん会でもたびたび登場する最高級ワインのひとつです。
1985年もののコルトン・シャルルマーニュは、平成2年11月12日に行われた上皇さまの即位の礼「饗宴の儀」で振る舞われており、2代続けて天皇陛下の一世一代の饗宴を彩りました。

コルトン・シャルルマーニュの商品一覧(楽天市場)

 
【赤ワイン】シャトー・マルゴー2007

シャトー・マルゴー(Chateau Margaux)は、フランス・ボルドーワインのシャトーの名前であり、そこで生産されるワインの銘柄です。「ワインの女王」と呼ばれるボルドーワインの中でも、シャトー・マルゴーは「最も女性的なワイン」と形容され、華やかな香り、口当たりの滑らかさ、しっかりしたボディと繊細さを備えています。
宮中晩さん会でもたびたび登場する最高級ワインのひとつです。

シャトー・マルゴーの商品一覧(楽天市場)

 

日本のみならず海外でも広く報じられた「即位の礼」は、世界共通の記憶になったことと思います。
何十年に一度という特別な機会に振る舞われたお酒は、国籍を問わず一目置かれることは間違いないでしょう。特別なお祝いや大切な人への贈り物に是非お選びになってみてはいかがでしょうか。

【宮中午餐】陛下と閣僚たちの忘年会

天皇陛下は毎年12月下旬、宮殿「連翠」で、総理はじめ閣僚、副大臣をお招きになり、「午餐」をお催しになります。
まず食前酒が振る舞われて10分ほど懇談の時間があり、午餐、そして食後にコーヒー・紅茶をいただきながら15分ほどの懇談が行われるそうです。

2018年(平成30年)の午餐で振る舞われたお酒は次のとおりです。

 

 【白ワイン】ムルソー2014

ムルソーは、コルトン・シャルルマーニュ、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェに並びシャルドネの頂点に君臨するブルゴーニュ最高の白ワインのひとつとされます。

ムルソーには「プルミエ・クリュ」(一級畑)が存在し、中でも圧倒的な人気を誇るのは、ペリエール、シャルム、ジュヌヴリエールの御三家に、グット・ドール、ブシェール、ポリュゾを加えた6つとされています。今回ご紹介している「ムルソー プルミエ クリュ ポリュゾ」のは、その名前から分かるように「ポリュゾ」のぶどうで造られたワインです。

畑によって産み出されるワインの特徴は異なり、斜面の下部に位置するシャルムやジュヌヴリエール、ポリュゾ、ブシェールの下方は、傾斜も緩くなり土壌もより深く、ワインはより豊満なスタイルになります。対して、ペリエールやジュヌヴリエールの上方といった斜面の上部は、傾斜もきつくなり石灰岩の母岩を覆う表土が薄いため、よりエレガントでミネラル豊かなスタイルのワインが生み出されるそうです。

 「ムルソー」のワインと言えども、その畑によっても味わいは多様です。色々と見比べながら、お気に入りの「ムルソー」をお選びになってみてはいかがでしょうか。

ムルソーの商品一覧(楽天市場)

 

 【赤ワイン】シャトー・カントナック・ブラウン

カントナック・ブラウンは、マルゴー・カントナック台地の西南部分にあり、その名の通りカントナック村に位置しています。畑は砂礫質でカベルネソーヴィニヨンが多く植えられています。

筋肉質で力強さを持ちながら、果実味とのバランスに優れており、エレガントなマルゴースタイルを味わえます。クラシックなボルドーがお好きな方にはおすすめです。 

シャトー・カントナック・ブラウンの商品一覧(楽天市場)

 

天皇陛下と閣僚たちの忘年会ともいえる年末恒例の午餐会。平成30年(2018年)のメニューは、コンソメスープ、真鱈のバター焼き、若鶏のチーズ焼き、サラダ、デザート(アーモンドプディング、りんご、いちご)という献立だったようです。

大切な人と過ごす年末のひと時に欠かせない食事と飲み物。宮中で振る舞われたお酒やメニューも参考になさってみてはいかがでしょうか。

【首脳会議】G20大阪サミット VOL.1

2019年6月28日~6月29日にかけて、日本で初めてのG20サミットが大阪で開催されました。

期間中は、世界各国の首脳たちに、大阪を中心とした日本各地の飲み物が多数供されました。晴れの舞台を彩った、日本のとっておきのお酒やソフトドリンクをご紹介していきたいと思います。

今回は、初日(6月28日)に大阪迎賓館で催された「首脳夕食会」に先立って行われた「カクテル」で振舞われた飲み物をご紹介します。

 

【梅酒スパークリング】河内ワイン ゴールデンパーティー(大阪府)

 スパークリングタイプの梅酒です。秘蔵の長期熟成梅酒をベースにさまざまなヴィンテージの梅酒をブレンド。味・香りともにボリューム感があり、いわゆる「梅酒のソーダ割」とは一線を画す美味しさです。

河内ワイン ゴールデンパーティー(楽天市場)

 

【スパークリング】カタシモワイナリー デラウェアスパークリング(大阪府)

カタシモワイナリーの デラウェア100%のスパークリングです。大阪はデラウェアの生産全国第3位なのだそうで、カタシモワイナリーでは、大阪のブドウを守るため、大阪産のブドウを使ったワインを多数製造しています。

G20大阪サミットのカクテルで供されたのは、同じカタシモワイナリーでデラウェア100%の「合名山北畑デラウェアスパークリング2015」ですので、こちらも是非検索してみてください。

カタシモワイナリーの商品一覧(楽天市場)

 

【ビール】箕面ビール ピルスナー(大阪府)

大阪のクラフトビールです。そもそも「ピルスナー」というのは、チェコプルゼニピルゼン)地方を発祥とするビールのスタイルの一種を指し、淡色の下面発酵ビールで、ホップの苦味が特長です。

しかし、箕面ビールのピルスナーは、「ボヘミアンスタイル」という製法で造られており、ビスケットやパンのようなモルト風味がアクセントになっています。

「爽やか」というより、「優しい」風味に溢れたビールといえます。

箕面ビールピルスナーの商品一覧(楽天市場)

 

【炭酸飲料】CHOYA 酔わないウメッシュ(大阪府)

おなじみのノンアルコールの梅酒です。製造元の「チョーヤ梅酒株式会社」は大阪の会社なのですね。

CHOYA酔わないウメッシュの商品一覧(楽天市場)

 

【ガスなし水】富⼠ミネラルウォーター(山梨県)

山梨県の富士山麓で採水された、ミネラルを豊富に含んだ飲みやすい軟水タイプです。安全で高品質な水として、一流ホテルや国際会議などでも多く採用されているそうです。インパクトのある「FUJI」の文字は、外国人受けも抜群なのではないでしょうか。

富⼠ミネラルウォーターの商品一覧(楽天市場)

 

【ガス入り水】ノセミネラルソーダ大阪府

創業300年余の老舗酒造「能勢酒造」の北摂釈迦ヶ嶺の花崗岩層で自然濾過されたおいしい水「桜川の名水」を使用しています。地元大阪の天然水と二酸化炭素のみで造られているソーダ水です。

ノセミネラルソーダの商品一覧(楽天市場)

【宮中晩餐会】トランプ大統領に供された飲み物

2019年5月27日、令和初の国賓として来日したドナルド・トランプ大統領及びメラニア夫人を歓迎する宮中晩餐会が催されました。
天皇皇后両陛下ととトランプ大統領夫妻の乾杯の際には、慣例どおりシャンパン「ドン・ペリニヨン」が振舞われましたが、実はトランプ大統領夫妻はお酒を飲まれないそうです。他の出席者には、次のような日本酒やワインが提供されました。

 

【食前酒】ドライ・シェリー サンデマン・ミディアム・ドライ

シェリー酒は、発酵途中にブランデーを加えて発酵を止めることで造られるフォーティファイド・ワイン(酒精強化ワイン)で、宮中晩餐会の食前酒で振る舞われています。
生産者であるスペインのサンデマン社は、シェリーやポートにおいて世界中で広く知られる有名メーカーで、ラベルに描かれたマントの男が特徴です。
このミディアムドライは、銅色と金色を帯びた琥珀色の中辛口で、ナッツの香りが感じられます。

ドライ・シェリー サンデマン・ミディアム・ドライを詳しく見る(楽天市場)


食前には、お酒を飲まないトランプ大統領夫妻などのため、トマトジュースやフレッシュオレンジジュースも用意されたとのことです。トマトジュースの銘柄は分かりませんが、皇室御用達のトマトジュースとしては、上皇后美智子さまが懐妊中だった秋篠宮紀子さまに贈られた「ぎゅぎゅっとフルトマ 金ラベル」がよく知られています。

 

【シャンパン】モエ・エ・シャンドン・ドン・ペリニヨン1999

 宮中晩餐会での乾杯酒の定番は、おなじみ「ドン・ペリニヨン」です。今回の宮中晩餐会で用いられたのは1999年製で、希少なため大変高価ですが、比較的新しい製造年のドン・ペリニヨンは、手頃な価格でお楽しみいただけます。厳かな雰囲気で行われる冒頭の乾杯で用いられる上質なドン・ペリニヨンを是非ご賞味ください。

ドン・ペリニヨンの商品一覧(楽天市場)

 

 

【白ワイン】ピュリニー・モンラッシェ2002

フランス・ブルゴーニュ地方にある世界最高の白ワインの産地として知られるピュリニー・モンラッシェのワインです。ピュリニー・モンラッシェの白ワインは、華やかで上品な花の香りと、ビシっとした背筋が伸びるようなミネラル、豊かでしっかりとした酸と、果実の凝縮感があります。

宮中晩餐会で振る舞われたのは2002年製で入手はなかなか難しいですが、もう少し新しいピュリニー・モンラッシェのワインはネット通販でも購入可能です。

ピュリニー・モンラッシェの商品一覧(楽天市場)


【赤ワイン】シャトー・ラフィット・ロートシルト1996

シャトー・ラフィット・ロートシルトは「5大シャトーのなかで最も繊細でエレガント」とされ、“高貴なつつしみ”ともいえる奥深さがあります。深みのある色、気品あふれる優雅な香り、きめ細やかで絶妙な味わい。すべてにおいて他に類を見ない最高級なワインです。

1996年製のシャトー・ラフィット・ロートシルトは、希少なため大変高価ですが、比較的新しいシャトー・ラフィット・ロートシルトのワインはネット通販でもご購入いただけます。

ちなみに、「5大シャトー」とは、「シャトー・ラフィット・ロートシルト」「シャトー・マルゴー」「シャトー・ラトゥール」「シャトー・オー・ブリオン」「シャトー・ムートン・ロートシルト」を指します。当ブログをご覧の皆様にはお分かりのとおり、宮中晩餐会の赤ワインは、これら「5大シャトー」の中から選ばれていることがわかります。

シャトー・ラフィット・ロートシルトの商品一覧(楽天市場)


また、今回の宮中晩餐会では日本酒も振る舞われたとのことです。銘柄は明らかではありませんが、宮中で供される日本酒と言えば「惣花」が定番です。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

 

【送料無料】日本盛 惣花(そうはな) 純米吟醸 720mlx3本
価格:5999円(税込、送料無料) (2019/6/23時点)

 

食後には、コーヒーのほか、以下のようなお酒が振る舞われました。

こうしたお酒は少量ずつ嗜むものですから、ひと瓶が多少値が張ったとしても、ご自宅で長く、または大人数で賑やかにお楽しみいただけるのではないでしょうか。


【コニャック】ヘネシー・エクストラ

コニャック(ヘネシー・エクストラ)の商品一覧(楽天市場)

 
【リキュール】コアントロー

リキュール(コアントロー)の商品一覧(楽天市場)

 

【ウイスキー】バランタイン30年

ウィスキー(バランタイン30年)の商品一覧(楽天市場)

 
令和初の国賓ということでトランプ大統領夫妻の来日は大変な注目を集め、宮中晩餐会の冒頭の様子は生中継もされました。多くの日本人が注目した宮中晩餐会で振る舞われた最高クラスのワインは話題性も抜群。大切な人への贈り物や記念日などに是非お選びになってみてはいかがでしょうか。

【首脳外交】日中韓首脳会議で供されたお酒

2011年5月、東日本大震災の発災から間もない時期に「日中韓首脳会議」が東京で開かれ、その夕食会が迎賓館で催されました。
前沢牛や宮城のアワビ、青森の時鮭など、被災地・東北の食材が多く使われたメニューに合わせ、次のような日本やフランスのワイン、日本酒が供されました。


【白ワイン】アルガブランカ イセハラ

アルガブランカ イセハラ」は、1937年創業の「勝沼醸造」が生産する甲州ワインです。
日本固有のぶどう「甲州」から、シュール・リー醸造法(ワインと澱を数ヶ月間接触させる)を用いた、食事(特に和食)に合う辛口のワインです。ワインに合いにくいと言われた出汁、味噌、醤油、わさびなどにも相性がいいので、和食全般にピッタリのワインです。

アルガブランカ・イセハラの商品一覧(楽天市場)

 

【赤ワイン】ジュヴレ・シャンベルタン ブシャール・ペール・エ・フィス

 ジュヴレ・シャンベルタンは、フランスのブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏コート・ドール県の村で、ここで生産されるワインは、ナポレオンに愛されたという逸話が残っているほど、優れたワインとして認知されています。
「ドメーヌ・ブシャール・ペール・エ・フィス」は、1731年に創業された老舗ワイナリーで、ここで複数の有力生産者からぶどうを調達して造られているのが「ジュヴレ・シャンベルタン」です。ブラックチェリーを思わせる果実味と美しい酸味を生かした、豊かで複雑味のあるワインです。

ジュヴレ・シャンベルタン ブシャール・ペール・エ・フィスの商品一覧(楽天市場)

 

【日本酒】飛露喜(福島県)

飛露喜」は、福島会津のお酒で、地元でも手に入りにくいほどの人気です。蔵元さんの「濃密な透明感のある、存在感のある酒を造りたい」という言葉どおり、存在感がありつつ、スッキリとした切れのある日本酒です。
原料には、会津坂下町や隣接する喜多方市で採れた酒米が使われています。
現在では「無濾過生原酒」は珍しくありませんが、一般に浸透するきっかけを作ったのは、火入れ前の日本酒として販売された「飛露喜」であったと言われています。

飛露喜の商品一覧(楽天市場)

 

東日本大震災の直後、「東北の産品を食べることを通じて被災地の復興を支援しよう」という動きが活発になったことが思い出されます。今回ご紹介した「飛露喜」をはじめ、東北の美味しいお酒を楽しむことを通じて、引き続き復興支援を続けていくというのも良いのではないでしょうか。